凌辱孕ませ同人エロゲレビューの部屋
孕ませ

狙われた女神天使エンゼルティアー 〜守った人間達に裏切られて〜【レビュー】


最も抜いたエロゲは何かと聞かれたら、これ以外に考えられない。
史上最強の抜きゲーにして、私の性癖を完全に捻じ曲げた不朽の名作。

作品概要

作品名 :狙われた女神天使エンゼルティアー 〜守った人間達に裏切られて〜
ブランド:SYRUP many milk
販売価格:8127円
DL販売先:FANZA版
      DLsite版

エッチシーン

快楽堕ちは無し。ただひたすらに凌辱されまくる

大抵の凌辱エロゲは後半は快楽堕ちに流されやすいが、本作では快楽堕ちは一切ない。ただ、ひたすらに凌辱される。そこには絶望しかなく、ヒロインは泣きながら許しを請い、それでも中出しによる妊娠を強要される。
その哀れな姿に胸を締め付けられつつ、
チ〇コはビンビンになっている。

多彩な凌辱シーン

基本的に変身ヒロイン物だが、魔族側に凌辱されるシーンがメインではない。多くはヒロインを犯したい人間による凌辱シーンが大半である。だからこそ、痴漢、輪姦、強制売春等の様々なバリエーションがある。

また魔族側の凌辱としては、オーク姦、虫姦、丸呑み等があり、ニッチな性癖にも刺さる仕様になっている。

孕ませ描写あり。全員に腹ボテエンドがある

ほとんどのシーンにて妊娠する事への怯えが描写されています。

「何回も中に出されて・・・孕ませされる・・・赤ちゃん、妊娠しちゃう・・・」
「これ以上はもう・・・本当に妊娠しちゃう・・・」
「ごめんなさい・・・もう許して・・・赤ちゃん嫌なの・・・」
また、ヒロインにゴミのように扱うモブキャラの罵声も秀逸。
「こんな肉便器に母親になる資格なんてねえよ」
(一晩中、凌辱されたヒロインに対して)
「俺みたいな頭の悪いガキを孕めよ!クズのママになるって最高だろ?」

全員に腹ボテエンドが用意されているのも高評価ポイントのひとつ。お腹に赤ちゃんを宿しながら、虚ろなレイプ目で犯されているシーンは最高の一言。

各ヒロインの特徴

お淑やかな清楚系ヒロイン<舞島 優理:エンゼルティアー>

本作のメインヒロイン。仲間思いでどんな状況であっても相手を思いやる心を持っている。それが自分を犯す相手であっても。彼女の純真無垢な心が圧倒的な悪意によって傷つけられる姿は胸が締め付けられる。

彼女の腹ボテエンドは2種類。個人的には蟲を孕まさせれる腹ボテエンドが絶望感があり秀逸。
魔族に敗北した彼女は実験体として扱われえる事になる。実験として、子宮に蟲の卵を産み付けられ、孵化のためにクモやムカデといった害虫の精液を子宮に注がれた。それでも子宮の卵は孵化しない。業を煮やした魔族は人間との性交を彼女に強要させる。自分を犯そうとする男に彼女は懇願する。「助けて・・・」。そんな願いが聞き入れられる訳もなく、男は彼女の膣に挿入しながら言う。「お腹の中に蟲の卵があるんだろ?俺が受精させてやるよ」。そして、子宮に中出しされたエンゼルティアーは受精し、お腹に蟲の子供を宿したのであった。

魔族と戦う女教師<静海 涼音:ホーリールージュ>

メインヒロインの先輩戦士であり、女教師。ヒロインの中では最も凛々しく高潔な女せ。だからこそ、犯されている時の征服感は全ヒロインの中でトップレベル。

腹ボテエンドでは彼女が最も悲惨な最後を遂げる。
魔界に連れ去られた彼女は一切の休む間もなく、鎖に繋がれた状態で化け物の性処理を強制される。数ヵ月、彼女は妊娠していた。過酷な凌辱と妊娠の事実によって彼女の自我もすでに崩壊。ただ精液を受け入れるだけの肉人形になっていた。「お前からはどんな魔族が生まれえるのか、楽しみだ」。こんな心無い言葉を投げかけられ、彼女は再び犯されるのであった。(個人的に一番好きなヒロインだった)

小生意気な委員長キャラ<倉澤 杏>

典型的な委員長キャラ。周りから好ましく思われていない彼女の凌辱は他のヒロインよりも劣悪なものとなる。基本的に暴言を吐かれながら犯される。心無い言葉に体だけでなく心も削られながら凌辱される。

彼女は浮浪者に孕まされる腹ボテエンドを迎えた。
公園の公衆便所に縛り付けられた彼女。そこで彼女は何十人もの浮浪者の精液を子宮に受け入れる事になる。必死の抵抗も彼女の妊娠を望む浮浪者の前では無駄な抵抗であった。数時間後、彼女の性器からは精液が溢れかえっていた・・・。その後、彼女は浮浪者のテントで発見される事となる。そのお腹は大きく膨らみ、赤ちゃんがいる事は明白であった。浮浪者は彼女に言う、「誰のガキを孕んだかも分からない肉便器」と。それでも心が壊れた彼女には何も響かない。死にたいという願いことすら諦めた彼女は今日も犯され続けるのであった。

まとめ

救いのない凌辱、嫌がるヒロイン達への種付け、腹ボテ凌辱が大好きな変態諸君には必修科目な一作。5年以上前のゲームで、未だに抜いてるゲームはこれだけである。絶対にプレイすべし!!